ダイエットの敵、浮き指

ダイエットの敵、浮き指

浮き指と言う言葉を聞いたことのある方は少なくないと思いますが、浮き指とは簡単に言うと足の指が床には一応ついているのですが、体重が乗っておらず体の重心がズレてしまうことです。

 

 

この浮き指は特に女性に多くヒールの高い靴を履く人によく見られます。重心がズレてしまうと起きることは、まず通常であれば使う筋肉を使えていないということです。通常使うはずの箇所に力が入らないとなるともちろん筋力は落ちていく一方です。また、どこかに力を入れなければ歩いたり走ったりすることはできませんから当然どこかに力は入ります。それが浮き指だとふくらはぎやももなどの足全体の後ろ側に力が入るようになります。常にこの状態で活動していれば自然と筋肉が付きます。

 

 

一般的に筋肉が付くのは良いことではあるのですが、この場合は足が必要以上に太くなったり浮腫んだりして下半身デブと呼ばれる状態になってしまいます。また下半身の見た目が悪くなるだけではなく、体の歪みが出てくるので腰痛や肩こり、その他体の不調に繋がります。どこか痛いと感じると動くのが億劫になり、どんどん太っていくという悪循環から抜け出せない人もいます。浮き指を治すにはどうしたら良いのかというと、ただ歩いているだけではついてしまった体の癖はなかなか抜けてはくれません。

 

 

指を動かすことが大切です。まず椅子に座り、足元にタオルを広げます。タオルの上に足を置いて足の指だけを使って自分の方にタオルを引き寄せるようにします。最初は慣れないと足をつったりもしますが、これを毎日行うだけで症状はかなり改善されますらテレビを見ながら、本を読みながら、ご飯を食べながらと簡単に出来るので毎日続けられます。続けて行うことで1ヶ月程度で変化が見られる人もたくさんいます。

 

 

また、浮き指対策用の足の指に付ける簡単な器具も1000円前後で売っているので生活の中に取り入れやすいです。毎日続けてダイエットの成功と健康な体を手に入れられてください。