キャベツにどんな栄養や効果があるのか勉強しましょう

キャベツにどんな栄養や効果があるのか勉強しましょう

キャベツはどこのスーパーでも並んでいる超メジャーな野菜です。

 

当たり前のように料理に使われています。そんなキャベツですがどんな栄養があり、どんな効果があるのか答えれる人は少ないのでは?ここではキャベツの栄養価と効果について勉強しましょう。

 

ビタミンC

 

キャベツはビタミンCが豊富で100gのうち44rも含まれています。成人に一日に必要なビタミンCの摂取量はおよそ100rですから、大きめの葉を3枚ぐらい食べれば必要量を摂取できる事になります。

 

ビタミンU

 

 これはあまり聞いた事がないかもしれませんが、キャベジンとも言われます。ビタミンUは胃や十二指腸の健康に効果があります。

 

ビタミンK

 

 キャベツにはたくさん含まれています。血液を固める作用があり、かすり傷などが早く治る効果があります。

 

カルシウム

 

カルシウムもたくさん入っています。骨や歯をつくる上で欠かすか事ができません。また精神的な興奮や緊張を和らげる作用もあります。

 

βカロテン

 

キャベツの外側の緑が濃い部分には特にβカロテンが多く含まれます。この成分は体内取り込まれるとビタミンAに変化して目の健康維持に役立ちます。

 

カリウム

 

血圧を下げる効果があります。生命活動には不可欠です。

 

葉酸

 

これは妊婦に必要な栄養素で有名です。発育には特に大事な栄養素です。

 

抗がん作用もある

 

 キャベツに含まれているイソオチシアネートは発がん性物質が活性化するのを防いでくれます。

 

アンチエイジング

 

キャベツに含まれているビタミンCはアンチエイジングの作用が期待できます。美容を気にする女性には嬉しい栄養素ですね。

 

疲労回復の効果もある

 

キャベツに入っているビタミンCは免疫力を強めたり疲労回復の効果もあります。ですから風邪の予防にももってこい、です。風邪をひきたくない人は予防的にキャベツを食べるようにするのも良いでしょう。

 

便秘にも効果あり

 

キャベツにはいっぱい食物繊維が含まれますが、これが便秘の解消に効果的です。しかし、食べ過ぎには要注意です。水分を吸収しすぎると便が硬くなり逆に便秘になる事があります。

 

キャベツの副作用

 

これはあくまでも食べ過ぎたら起こる事ですが、キャベツに含まれているイソチオシネートが原因です。これは体内でガスを発生させます。ですから一時的にですがお腹が張るようになり、さらにおならが臭くなります。キャベツはたくさん栄養素が含まれいて賞味期限も長めです。カロリーも抑えられているのでダイエットをしたい人にも向いています。当たり前のように食べているキャベツですが、改めてその効果を知ると驚きですね。おならの臭いが気になる人は食べ過ぎる事がないようにだけはしましょう。