カリフラワーはシミやそばかすを薄くする働きが期待できます

カリフラワーはシミやそばかすを薄くする働きが期待できます

普段カリフラワーを食べる機会がありますか。どちらかというとカリフラワーよりもブロッコリーを手にする機会が多いと思います。

 

カリフラワーもブロッコリーも同じアブラナ科の野菜です。ブロッコリーは緑色のつぼみをしていますが、ある日突然突然変異をして白いつぼみのカリフラワーができました。白いカリフラワーをよく目にすると思いますが、オレンジ色や紫色のカリフラワーもあります。オレンジのカリフラワーにはβカロテンが多く含まれています。

 

ブロッコリー100gにはビタミンCが54mg含まれているビタミンCが多い野菜ですが、カリフラワーもビタミンCが多く100gに53mgを含有しています。ビタミンCは熱に弱い性質があり加熱をすると減少してしまいますが、カリフラワーはブロッコリーに比べて加熱してもビタミンCの損失が少ないです。ビタミンCといえば美肌作用を思い浮かべると思います。メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぎ、できてしまったメラニンを還元してシミやそばかすを薄くする働きが期待できます。ストレスを和らげる働きもあります。

 

ストレスを感じるとストレスに対処するために副腎からホルモンが分泌されます。このホルモンを作るときにビタミンCが必要です。ストレスを常に強く感じていると体内で活性酸素が増えて老化を進行させるため、ストレスは美容の大敵といわれています。日ごろからビタミンCを摂っておくとストレスに対して強くなることが期待できます。

 

カリフラワーにはMATSという特有の成分が含まれています。MATSには抗酸化作用があり、動脈硬化を予防する働きがあります。動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。辛みのもとのイソチオシアネートにも同じ作用があります。傷みやすいのでまとめてゆでて冷凍保存をしたり、ピクルスなど保存できる調理をするとよいでしょう。冷凍しておけばいつでも使いたいときにすぐに料理に活用できて便利です。ピクルスを作っておくとちょっと野菜を食べたいときにつまめます。