カフェインやカプサイシンは交感神経を刺激して体の代謝を上げる

カフェインやカプサイシンは交感神経を刺激して体の代謝を上げる

脂肪を燃焼させるサプリメントの多くにはちょっと前まではカフェインやカプサイシンなどが含まれていますが、このカフェインやカプサイシンが含まれている理由についてですが、カフェインやカプサイシンには交感神経を刺激して体の代謝を上げる刺激を与えるために配合されています。

 

 

 

ですが、最近のサプリメントではあまり見かけなくなっています。その理由ですがカフェインやカプサイシンは消化を阻害する効果があり、胃や腸を荒らす性質があるため、脂肪燃焼サプリメントではあまり使用されなくなりました。では、最近の脂肪燃焼サプリメントはどうやって脂肪を燃焼させているかというと、ビタミン郡を使用して脂肪を燃焼させます。

 

ビタミン群とはビタミンB1やビタミンB2のとこで糖質を分解する場合ですとビタミンB1が糖質を分解します。そして脂肪を分解してくれるのがビタミンB2になるわけです。カフェインとの大きな違いは副作用が無いことです。ビタミンは取りすぎた場合、副作用として起こるのは手や足が黄色くなるビタミン過多による手足の変色くらいで体調を崩すことはありません。

 

ですので、美容サプリやダイエットサプリとして使用する際、副作用が起きないのが魅力です。もちろんビタミン郡にアレルギーがある方にとってはアレルギー反応が出ますが変え印の取りすぎやカプサイシンの取りすぎによる交感神経の異常な高まりによる胃腸障害と比べるとマシであるといえます。他にも脂肪を燃焼させるサプリメントにショウガを使用したものがありこちらも同様にカフェインと同じ様に大量に取ると下痢や胃腸障害になりますが症状はカフェインやカプサイシンよりも軽いため最近では生姜を使用しているサプリメントも増えています。

 

 

 

ですが、この脂肪燃焼サプリメントに言える事はすべて運動をすることを前提に生産されていますので、運動をしない場合ですと効果は無いといっても良いです。脂肪燃焼サプリメントは運動をする際の脂肪燃焼力を促進させるためのものであり、運動をせずに痩せるということはできないのです。脂肪燃焼サプリメントからカフェインやカプサイシンが消えた理由は、運動をしている最中に胃腸がおかしくなるといけませんので最近では胃腸を刺激しないようにサプリメントが作られているわけです。

 

 

ですから、脂肪燃焼サプリメントは基本は運動をして痩せるための補助をしてくれる健康食品であると考えたほうが良いです。健康食品ですから即効性があるわけではなく、漢方薬のように体質を改善するものですからサプリを飲み続け、運動をすることが重要になります。