ヨーグルトのどんな働きが便秘によく、どのように食べると効果的なの?

ヨーグルトのどんな働きが便秘によく、どのように食べると効果的なの?

便秘解消によい食品というとヨーグルトをまず思い浮かべるのではないでしょうか。

 

ヨーグルトのCMでも整腸作用が強調されています。では、ヨーグルトのどんな働きが便秘によく、どのように食べると効果的なのでしょうか。

 

乳酸菌の働き

 

乳酸菌とは糖をもとにして乳酸を作り出す菌のことをいいます。乳酸の働きで腸が刺激されて蠕動運動が活発になります。また、乳酸で腸内が酸性になる働きもあります。悪玉菌はアルカリ性の環境を好むため、腸内が酸性になると棲みにくく、悪玉菌が減って善玉菌増えます。このことにより整腸作用や便秘解消効果を発揮します。

 

ヨーグルトの発酵には乳酸菌が使われており、ヨーグルトを食べることで乳酸菌を摂取できます。

 

ビフィズス菌の働き

 

ビフィズス菌も糖をもとにして乳酸を作りますが、乳酸菌と違うところは酪酸や酢酸も作り出すことです。酪酸や酢酸で腸内が酸性になり、悪玉菌が棲みにくくなります。

 

赤ちゃんの腸内細菌の90%ほどがビフィズス菌です。おならや便は臭いものと思っているかもしれませんが、臭いのは悪玉菌が作り出す物質が原因です。赤ちゃんの腸はビフィズス菌が豊富なため、おならや便が臭くなく、黄色っぽい便をしています。ヨーグルトによってビフィズス菌を使用していたり、利用していなかったりします。

 

ヨーグルトの食べ方

 

乳酸菌やビフィズス菌は酸に弱いため、胃を通過するときにほとんどが死滅してしまいます。死滅した乳酸菌は腸内の善玉菌のエサになったり、食物繊維のように働いて便秘解消に役立ちますが、生きて摂るなら胃酸が薄まる食後がよいです。空腹時に食べると胃酸の影響で生きて腸に届きにくいので気をつけましょう。生きて腸に届きやすい菌を使用したり、カプセルに閉じ込めて生きて腸に届きやすくしているものもあります。

 

食べる時間帯はいつでもよいですが、朝に食べた場合の便秘解消効果が高いという報告があります。昼や夜は仕事の関係で外食になることもありますが、朝は好きなように食事をしやすいので、朝にヨーグルトを食べやすいと思います。1日に食べる量は100g以上が目安です。食べ物で摂った乳酸菌やビフィズスは腸に定住しないので、毎日継続して食べる必要があります。

 

さらに効果を高めるには

 

食物繊維には腸の働きを活発にしたり、便のかさを増やす働きがあり、便秘解消に役立ちます。ヨーグルトは食物繊維が不足しています。不足する食物繊維を補うために、ドライフルーツをプラスすることがおすすめです。ヨーグルトに一晩ドライフルーツをつけておくと、ドライフルーツがふっくらとし、甘味がヨーグルトにしみだします。